お金借りる!即日融資で人気のカードローン集めました

お金借りるのに便利な即日融資カードローン利用者が多い30代の人たちが選んでいる、人気の大手を集めました。

 

それぞれに特色があるので、自分に合った借入先が見つかるはずです。

 

業界最大手のアコム

アコムイメージ

アコムが選ばれる理由

アコムは業界最大手の圧倒的なブランド力と安心感が何と言っても人気の理由。使い勝手の面を見ても、30日間の無利息+最短30分審査という「速さとお得さ」も兼ね備えています。
また、提携している銀行も大手をしっかりと抑えており、楽天銀行の口座には24時間振り込み対応、という点もユーザーに好評。

審査 最短30分
融資 最短1時間
金利 3.0〜18.0%
30日間無利息
夕方以降に強いプロミス

プロミスイメージ

プロミスが人気の理由

通常の振込み時間を越えた夕方以降の即日融資に強いのがプロミスです。プロミスの申し込みであっても、三井住友銀行の契約機も使えるので、プロミスの契約機と合わせて相当数になります。
また、三井住友銀行・ジャパンネット銀行であれば、24時間最短10秒で振り込み融資をしてくれる「瞬フリ」というサービスが使えるのもポイントです。

審査 最短30分
融資 最短1時間
金利 4.5〜17.8%
30日間無利息

 

即日でお金借りるのに気をつけたい注意点

申し込み金額は適正に!

大半のカードローン会社では、初回利用の人に対して限度額MAXまでの融資は行いません。
ごく一般的な会社勤めの人であれば、安全圏は15万〜30万円の間。これが審査にも通り易い金額です。

 

振込み融資?無人契約機?

口座振込みでお金を借りたいのであれば、どんなに遅くとも14時までに審査が終わっていないといけません。
その為、ネット申込時間は12時頃までに終わらせておきたいところ。

 

しかし振込み時間が過ぎてしまっても、カードローン会社の無人契約機に行けば問題ありません。
21時〜22時まで営業している無人機が多いので、夜でもお金を借りる事はできます。

 

申込情報の入力ミスに気をつけて!

ネットでの申込が最速ですが、その際に入力ミスに気をつけて下さい。
よくあるのは、メールアドレスの「@」や「.(ドット)」が全角になってしまうケースです。
入力に不備があると、それだけ余計な時間を取られてしまうので気をつけて下さいね。

お金借りる〜即日融資のチェックポイント

チェックする女性

お金を即日で借りたいなら、いつ審査結果が分かるのかは重要なポイントですよね。

 

最近はカードローン会社の大半が迅速な審査を心がけているので、冒頭に掲載したように早い所では最短30分で審査が完了するところもあります。

 

しかし、銀行系カードローンの場合は審査ハードルが高い傾向にあるので、審査期間がどうしても長くなってしまう傾向があります。金利の低さが銀行系カードローンを使うメリットなので、消費者金融系と比べると審査がその分厳しいという欠点といえます。

 

その点、消費者金融のカードローンは審査スピードがとても早いので、即日でお金を借りる場合に非常に向いているという、特徴があります。

 

100万円オーバーの高額の借り入れというケースでは、掛かる金利はぜひとも確認しておかねばならない点です。借り入れした金額が多ければたった数%でも金利に差があると支払う利息額が大きな差となってあらわれます。

 

これに対して、借入金額が数十万円程度のときや即日での借入が重要なケースでは、銀行系と比べると支払金利が多くなってしまいますが速やかな審査が売りの消費者金融がおすすめの選択肢です。借入するときの状況や借入金額によってどこから借りるか選びましょう。

 

融資してもらった現金をどのように受け取るのか?

即日融資の場合、まずは必ずネットでの申込をしましょう。現金をどのように受け取るかは口座へ入金してもらう方法と無人契約機から直接受け取る2種類があります。

 

自分の口座へ入金してもらう時は、ネット銀行の口座であればほぼリアルタイムで入金額の反映が行わるのですが、通常の金融機関の振込みは入金されるタイミングが時間によって異なってきます。

 

振り込まれた時間帯が夕方だと、自分の口座にお金が入ってくるのは次の営業日となってしまうのです。

 

夕方以降の場合

そこで夕方以降の即日融資であれば、よく見かける無人契約機を利用すると便利です。

 

インターネット上で申し込み無人契約機で手続きを終えれば、その場でカード発行もできるのでお金の受取が可能です。

 

50万円以下の限度額なら収入証明書の提出も不要なので、比較的簡単な申し込みで審査に通れば借り入れができます。

 

もしくは、カードローンが提携している銀行口座を利用する方法もあります。

 

アコムであれば、楽天銀行。プロミスであれば三井住友銀行・ジャパンネット銀行が提携関係にあり、審査に通過すれば24時間振込みに対応しています。

 

こうしたカードローン提携口座を持っているのでれば、無人契約機を使う必要はありません。

 

夕方以降の即日融資では、「無人契約機」「カードローン提携口座」を使いましょう。

お金借りる〜即日融資に必要な書類

書類のイメージ写真

即日融資可能というキャッシングに申込み手続きをしても、必要書類が足りなくて余計な時間をとられてしまうと、肝心のタイミングにお金が借りられなかったという事になりかねません。

 

スムーズに手続きが進むよう、申込みの際の必要書類はあらかじめ理解しておくことがとても大切です。

 

まず大前提として、本人を確認できる書類なしでお金を借りられる金融機関は常識的に考えてまず無いでしょう。あるとしても、危ない闇金ぐらいのものです。

 

けれども、必要書類については一般的な成人の場合、特に難しくないはずです。

 

運転免許証か健康保険証かパスポート、いずれかがあれば本人確認書類として受諾されます。

 

ただ、金融機関によっては本人を確認する書類としては何が有効かは異なる場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。とは言え一般的には運転免許証、それがなければ健康保険証は通用するのでキャッシングをする際には準備しておきましょう。

 

それと、たとえば単身赴任中などで、現住所と本人確認書類に記載された住所が違うときには公共料金・各種税金等の領収書や住民票の写しなど現住所の書かれたものが求められることもあります。

 

収入証明書が必要になる場合

借り入れを希望する金額が多い場合になると、収入証明書を提出することが求められます。

 

どこのキャッシング会社も、その基準は50万円となっている事が大半です。

 

ただしこれは会社員の場合であり、自営業の場合は希望するのがたとえ50万円より低い金額でも収入証明書を求められることもあります。

 

多くの場合、自営業では会社員に比べて収入が分かりづらいためという理由が主のようです。

 

この収入証明書というのは、借入れ金の額に見合うだけの収入を備えていることを確認するための書類です。

 

収入証明書として使える書類には、確定申告書、源泉徴収票、住民税の通知書、給与明細などがあります。なお、こうした書類は有効期限内で最新のものが必要です。

 

ちなみに給与明細の場合は、偽造の可能性があるので社印の有無や発行年月日、会社名、受取人のフルネームの記載などの一定の条件をクリアしていなければなりません。

 

その上、1枚だけでは駄目でここ2〜3か月の分がいることもあります。

 

すでに他からの借入があったり、職業や雇用形態次第で提出書類が複数要ることもあります。

 

従って、50万円以上のキャッシングをしたい方や会社員以外の方は、収入証明書を予め用意しておいた方がスピーディに審査を受けることができ、それだけ即日でお金を借りられる可能性が高くなりますよ。

 

保険証の秘密

場合によっては本人確認は健康保険証を用いた方が審査において有利になるケースもあります。

 

保険証だと勤務形態や年齢によって発行元が違うので、そのため保険証の種類によりある程度の情報は伝わってしまいます。

 

具体的に言うと、安定していると言われる公務員と収入が不安定なフリーターでは保険証が違うのです。

 

一般的にどんな方でも入れる国民健康保険証は、身分証明書としてはメリットは薄いです。これに対して公務員が対象となる公務員共済健康保険証の場合、身分証明書として価値を高くみられる傾向にあります。

 

それから、会社員の大部分が加入している社会保険健康保険証、という順にランク付けされて見られているのです。

 

つまり、保険証でだいたいの職業や勤務形態が把握できるので、そこから返済能力についてもある程度の推測ができます。

 

手持ちの保険証の種類が公務員共済健康保険証や社会保険健康保険証ならば、身分証明には保険証を用いれば返済能力も示すことになるので、そのぶん審査が早く通過できるかもしれません。※しかし、これはどこのキャッシング会社でも必ず通用する保証はないですから、あくまで予備知識として覚えておいて下さい。

 

審査も影響する意外なモノ

必要な書類とは違いますが、もし携帯だけでなく固定電話も契約しているならば、連絡先電話番号には固定電話を書いた方が審査の際に有利です。

 

原則としてキャッシングというのは、担保や保証人を必要とせず利用者本人の信用だけで融資がおこなわれる消費者信用産業に属し、用途は自由なフリーローンです。

 

利用者の収入に見合った範囲内の額で、気軽にすぐに融資を受けられるのが最大のメリットであるといえます。

 

そのため、踏み倒されてしまっては困るので金融機関としては利用者と連絡がとれなくならないように情報は集めておきたいところです。

 

それが申込みの際の必要書類や、申込んだ際に書いたいろいろな個人情報というわけです。以前と比べればそれでも、キャッシングはかなりお手軽に手続きができるようになりました。

 

申込む際にスマートフォンが使えて、必要書類もデジカメやスマホで撮影したデータを送信すれば良くなりました。

 

今すぐまとまった現金が必要だというときに、すぐにお金を借りることができるこのキャッシングを役立てる為にも、申込み時の必要書類については覚えておいて損は無いでしょう。